目次

  1.  バージョン確認
    1-1 BizMagicでの確認
    1-2 Javaバージョンについて
    1-3 Tomcatバージョンの確認
    1-4 PostgreSQLバージョンについて
  2. バックアップ取得
    2-1 Tomacatの停止
    2-2 データベースの確認
    2-3 データベースのバックアップを取得
  3. PostgreSQLバージョンの確認、インストール
    3-1 データベースバージョンの確認
    3-2 PostgreSQL12のインストール
    3-3 バックアップデータのリストア
  4.  Javaの確認、インストール
    4-1 Javaバージョンの確認
    4-2 Java8のインストール
  5. Tomcatの確認、インストール
    5-1 Tomcatバージョンの確認
    5-2 Tomcat9のインストール
  6. BizMagicバージョンアッププログラムのインストール
    6-1 プログラムの解凍と起動
    6-2 [Tomcatバージョンの確認] で確認したバージョンがTomcat5,6の場合
    6-3 [Tomcatバージョンの確認]で確認したバージョンがTomcat9の場合
    6-4 インストールのエラー
  7. BizMagic起動確認
  8. BizMagic簡易バックアップ確認

1.バージョン確認

現在ご利用中のバージョンを確認します。バージョンによって手順が異なりますのでご注意ください。

1-1 BizMagicでの確認

  • BizMagicにログインします。
  • 左メニュー[システム設定]-[BizMagicについて]をクリックします。
  • 下記項目について確認ください。

製品バージョン(BizMagicバージョンの確認)

[BizMagic  Version 3.2  Release 8]以降の場合
 問題ありません。

[BizMagic  Version 3.2  Release 7]以前の場合
 バージョンアップ手順が本手順書と異なります。弊社へお問合せ下さい。

データベースプロダクト情報(PostgreSQLバージョンの確認)

[PostgreSQL 9.3.XX]もしくは[PostgreSQL 8.X]の場合
  今回のバージョンアップ作業で、PostgreSQL12のインストールが必要となります。本手順書に沿ってインストールを行ってください。

[PostgreSQL 7.X]の場合
  バージョンアップ手順が本手順書と異なります。弊社へお問合せ下さい。

 

目次に戻る

1-2 Javaバージョンについて

必ず同梱されているamazon-corretto-8.xxx.xx.xx-linux-x64をインストールしてください。

インストールされているJavaの確認方法

  1. コマンド[java –version]を入力して、実行してください。
  2. 結果内にCorretto-8の文字列が存在している場合、amazon-corretto-8が既にインストールされています。
    amazon-corretto-8以外のjavaがインストールされている場合、必ず同梱のamazon-corretto-8をインストールしてください。
    (環境変数がbizenv.shで設定されている場合は、[source bizenv.sh]を実行してからjavaバージョンを確認してください)

目次に戻る

1-3 Tomcatバージョンの確認

[$CATALINA_HOME/RELEASE-NOTES]にバージョンの記載があります。

[Apache Tomcat 9.X]の場合

問題ありません。

[Apache Tomcat 6.X]の場合

今回のバージョンアップ作業で、Tomcat9のインストールが必要となります。本手順書に沿ってインストールを行ってください。

[Apache Tomcat 5.X]の場合

今回のバージョンアップ作業で、Tomcat9のインストールが必要となります。本手順書に沿ってインストールを行ってください。

目次に戻る

1-4 PostgreSQLバージョンについて

必ず同梱されているPostgreSQL12をインストールしてください。

インストールされているPostgreSQLバージョンの確認方法

コマンド[rpm -qa | grep postgres]を入力して、実行してください。
表示結果にpostgresql-server-12.xx.xxx-xxxxxxxxxxx の文字列が存在する場合、PostgreSQL12がインストールされています(serverに付随する各モジュールも表示結果に出力されます)
他のバージョンが表示された場合は、必ず同梱されているPostgreSQL12をインストールしてください。

他のバージョンを手動インストールされている場合

rpm(yum)経由でインストールされていない場合は、コマンド[ps ax | grep postmaster]を入力して、実行してください。
PostgreSQLの実行プロセスを確認し、他のバージョンが動作しているか確認してください。
(表示例ではPostgreSQL9.3PostgreSQL8.1がインストールされており、実行されています)

目次に戻る

2.バックアップ取得

現在ご利用中のバージョンを確認します。バージョンによって手順が異なりますのでご注意ください。

2-1 Tomacatの停止

  1. BizMagicをログアウトします。
  2. Tomcatを停止します。(Tomcatを停止するとBizMagicは起動できなくなります)
    $  cd $CATALINA_HOME/bin
    $  ./shutdown.sh

2-2 データベースの確認

BizMagicで使用しているデータベースの情報を確認します。
使用スキーマ名、ユーザ名、DBパスワード、ポート番号を確認済みの場合は、データベースのバックアップを取得データベースのバックアップを取得へお進みください。

  1. BizMagicサーバへ管理者権限(root)でログインします。
  2. Tomcatインストールフォルダ内にあるWEB-INFフォルダを開きます。
    $  cd $CATALINA_HOME/webapps/コンテキスト名/WEB-INF

    *コンテキスト名はBizMagicで利用しているフォルダ名です。(例:biz

  3. 設定ファイル(xml)の内容を確認します。
    $  less web.xml

     

    ■データベーススキーマ名
    <!– DataBase Schema –>
    <init-param>
    <param-name>dbschema</param-name>
    <param-value>データベーススキーマ名</param-value>
    </init-param>■データベースユーザ名
    <!– DataBase User –>
    <init-param>
    <param-name>dbuser</param-name>
    <param-value>データベースユーザ名</param-value>
    </init-param>■データベースユーザパスワード
    <!– DataBase Password –>
    <init-param>
    <param-name>dbpassword</param-name>
    <param-value>データベースユーザパスワード</param-value>
    </init-param>■データベースサーバ名
    <!– DataBase Host (postgresql) –>
    <init-param>
    <param-name>dbhost</param-name>
    <param-value>データベースサーバ名</param-value>
    </init-param>■データベースポート番号
    <!– DataBase Port (postgresql) –>
    <init-param>
    <param-name>dbport</param-name>
    <param-value>データベースポート番号</param-value>
    </init-param>

■NOTE

  • 設定ファイル(XML)を修正すると、BizMagicが起動できなくなる場合があります。ご注意ください。
  • lessを終了するには[q]を入力します。

目次に戻る

2-3 データベースのバックアップを取得

データベースが別サーバにインストールされている場合は、データベースサーバへ接続します。(同一筐体の場合はそのままお進みください)

  1. PostgreSQLのスーパーユーザでログインします。(例:postgres)
    *スーパーユーザ名はインストール時に設定する為、弊社では管理をしておりません。ご確認ください。
  1. PostgreSQLのbinフォルダへ移動します。
    例:cd /usr/local/pgsql/bin(お客様の環境によって異なります。)
  2. BizMagicデータベーススキーマのデータ領域のバックアップを取得します。
    $ ./pg_dump データベーススキーマ名 -v -O -p ポート番号 -U データベースユーザ名 > バックアップファイル保存ディレクトリ/ファイル名.dump

    ■NOTE
    上記オプションの「-O」は、アルファベット「オー」の大文字です。

  1. エラーが出ていない事を確認し、終了してください。

目次に戻る

3.PostgreSQLバージョンの確認、インストール

BizMagic Version4.0.16で使用するデータベースは[PostgreSQL12]のみとなります。
12以外のバージョンがインストールされている場合は、手順に沿って新たにインストールしてください。

3-1 データベースバージョンの確認

PostgreSQL 12 の場合

バージョンが PostgreSQL 12 の場合はDBのインストールの必要はありません。4. Javaの確認、インストール へお進みください。

[PostgreSQL 9.x]、[PostgreSQL 8.x]の場合

3-2PostgreSQL12のインストール へお進みください。

3-2 PostgreSQL12のインストール

インストール用ファイル

BizMagicインストールプログラム内[pgdg-redhat-repo-latest.noarch.rpm]

インストール手順

V4.0.16 Linux インストールマニュアル-2.PostgreSQL12のインストール を実施してください。

■ログインロール名ついて
BizMagic用のデータベースユーザ、データベーススキーマ作成 で作成する[ログインロール名]はバックアップ取得時のログインロール名と同一にする必要があります。

目次に戻る

3-3 バックアップデータのリストア

データベースのバックアップ取得 で取得したデータを復元します。

リストア手順

$ ./psql -p ポート番号 –d  データベーススキーマ名 -U データベースユーザ名 < バックアップファイル保存ディレクトリ/ファイル名.dump

 

■NOTE

  • [リストアにてエラーを無視しました]等のエラー表記がある場合は必ずスクロールして内容を確認してください。インストールマニュアル―リストの「エラーが表示される場合」 にエラー例が記載されています。こちらに記載のないエラーが表示される場合は作業を中断して弊社までご連絡ください。
  • BizMagic導入時にxを使用しており、その後PostgreSQL8.xへバージョンアップされたお客様の場合、データのリストアで複数エラーが表示される場合があります。このようなお客様の場合、データ変換が必要となります。BizMagicインストールプログラム内 Linux\manual\旧BizMagicデータ変換手順.pdfを参照ください。

目次に戻る

4.Javaの確認、インストール

BizMagic Version4.0.16で使用するJavaは Java8 です。Java8以外のバージョンがインストールされている場合は、新たにインストールする必要があります。

4-1 Javaバージョンの確認

Javaバージョンの確認 で確認したバージョンが amazon-corretto-8 以外の場合、 Java8のインストールを行ってください。

4-2 Java8のインストール

■インストーラー
BizMagicインストールプログラム内 Linux\amazon-corretto-8.xx.xx.x-linux-x64.tar.gz

■マニュアル
V4.0.16 Linux インストールマニュアルー3.Java8のインストール を実施してください。

目次に戻る

5.Tomcatの確認、インストール

BizMagic Version4.0.16で使用するTomcatは Tomcat9.x です。Tomcat9以外のバージョンがインストールされている場合は新たにインストールする必要があります。

5-1 Tomcatバージョンの確認

Tomcatバージョンの確認 で確認したバージョンが、Tomcat6、または5 の場合は、Tomcat9をインストールします。
Tomcat9のインストール へお進みください。

5-2 Tomcat9のインストール

■インストーラー
BizMagicインストールプログラム内 Linux\apache-tomcat-9.xx.xx.tar.gz

■インストール手順
V4.0.16 Linux インストールマニュアルー4.Tomcat9のインストール を実施してください。

目次に戻る

6.BizMagicバージョンアッププログラムのインストール

6-1 プログラムの解凍と起動

  1. BizMagicインストールプログラム内
    Linux\BizMagic4.0.x-JRE8-PostgreSQL12.tgzを解凍します。

    $ mkdir /usr/local/bizmagic (任意のディレクトリ)
    $ cd /usr/local/bizmagic
    $ cp /mntDVD-ROM/Linux/BizMagic4.0.x-JRE8-PostgreSQL12.tgz ./
    $ tar xzvf BizMagic4.0.x-JRE8-PostgreSQL12.tgz
  2. インストーラーを起動します。
    $ cd inst
    $ ./install.sh
  3. [Tomcatのホームディレクトリを入力してください(現在ご使用中もしくは新規)]と表示されます。
    Tomcatインストール状況によって入力値が異なります。下記へ従って入力ください。
  4. [Tomcatバージョンの確認]で確認したバージョンがTomcat9の場合は こちら
  5. [Tomcatバージョンの確認]で確認したバージョンがTomcat5,6の場合は、下記[6‐1‐1]へお進みください。

目次に戻る

6-2 [Tomcatバージョンの確認]で確認したバージョンがTomcat5、6の場合

  1. Tomcat5,6のディレクトリを入力してください

  2. [移行先のTomcatホームディレクトリを入力してください]と表示されます。今回インストールしたTomcat9ディレクトリを入力してください。
  3. [y]を入力してください。
  4. 括弧内のコンテキストが正しいことを確認してENTER押下ください。
  5. 以下のメッセージが表示された場合、メッセージに従って選択してください。(表示されない場合は6に進みます)
  6. 各ポート番号が正しいことを確認してENTER押下ください。

    項目5でNを選択された場合、または項目5が表示されない場合は、AJPポートの入力は表示されません
  7. ホスト名、ユーザ、スキーマ名、パスワード等を確認してENTER押下ください。
  8. データベースポート番号は必ずPostgreSQL12のポート番号を入力下さい。ポート番号が正しいことを確認してENTER押下ください。

    今回のバージョンアップ作業でPostgreSQL12をインストールした場合、括弧内にはPostgreSQL9.3、または8.xのポート番号が表示されています。
    必ずPostgreSQL12のポート番号を入力し直してください。9.3または8.xのポート番号が入力された場合、エラーになりインストールが中止されます。
  9. [y]を入力してください。
  10. ENTER押下して終了します。
  11. Tomcatを起動します。

■POINT インストールを中断する場合は[CTRL+C]を押下してください。

目次に戻る

6-3 [Tomcatバージョンの確認]で確認したバージョンがTomcat9の場合

  1. Tomcatホームディレクトリを指定します。インストール時の環境変数で設定したCATALINA_HOMEの値が表示されます。問題なければENTERで進めます。
    Tomcatのホームディレクトリを入力してください。(現在ご使用中もしくは新規)(必須)
    [/usr/local/bizmagic/apache-tomcat-9.0.29]:?
  2. 下記の表示がされた場合は[y]押下で進めてください。
    (!) デフォルトコンテキストを検出 [docs, examples, ROOT]
    指定のTomcat内に上記デフォルトのコンテキストが存在します。
    (セキュリティ上削除される事をお勧めします)
    削除してよろしいですか?(Y/N)?
  3. アップデートを行うコンテキスト名を指定します。必ず現在使用しているコンテキスト名を指定してください。
    (i) 既存コンテキスト [run]
    コンテキスト名を入力してください。
    (”ROOT”を入力されるとドメインのルート上に配置されます)(必須)
    [run]:?
  4. Tomcatが使用するポートが表示されます。[y]押下で進めてください。
    (i) Tomcat現在の設定 [HTTP port:8080 / AJP port:8009 / SHUTDOWN port:8005]
    HTTPポート番号を入力してください。(必須)
    [8080]:?
  5. Tomcatが使用するポートやデータベース情報が表示されます。[y]押下で進めてください。
    (i) Tomcat現在の設定 [HTTP port:8080 / AJP port:8009 / SHUTDOWN port:8005]
    HTTPポート番号を入力してください。(必須)
    [8080]:?
    AJPポート番号を入力してください。(必須)
    [8009]:?
    SHUTDOWNポート番号を入力してください。(必須)
    [8005]:?
    ——————————————————————————-
    データベースホスト名を入力してください。(必須)
    [localhost]:?
    データベースユーザを入力してください。(必須)
    [run]:?
    データベーススキーマ名を入力してください。(必須)
    [run]:?
    データベースパスワードを入力してください。(必須)
    [runrun]:?

    AJPポートを使用されていない場合は、AJPポートの情報と入力は表示されません。
    データベース情報などが正しく表示されない場合は、コンテキスト名を誤って入力している可能性があります。その場合はすぐにインストールを中断(Ctrl+C)して再度実行してください。

  6. データベースポート番号は必ずPostgreSQL12のポート番号を入力下さい。

    今回のバージョンアップ作業でPostgreSQL12をインストールした場合、括弧内にはPostgreSQL9.3、または8.xのポート番号が表示されています。
    必ずPostgreSQL12のポート番号を入力し直してください。9.3または8.xのポート番号が入力された場合、エラーになりインストールが中止されます。
  7. [y]押下してください。
    アップデートを行います。よろしいですか?(Y/N)?
  8. ENTER押下して終了します。
    (i) インストールは正常に終了しました。
    — Enterキー —
  9. Tomcatを起動します。

目次に戻る

6-4 インストールのエラー

インストールでエラーが発生した場合には下記をご参考ください。こちらに記載以外のエラーについてはBizMagicサポートまでお問い合わせください。

インストーラーが起動しない

環境変数PATHにJavaの実行ディレクトリが設定されているか確認ください。(java –version コマンドが実行できない場合は、設定されていません。)

環境変数(CATALINA_HOME)入力後
「例外が発生したため、インストールは中断しました」と表示される

Tomcatの設定に問題があります。既存のTomcatを利用する場合server.xmlファイルなどが書き換えられているか、インストールが正しく行われていないことが考えられます。別のフォルダでTomcatをインストールしてください。

アップデート時のファイルコピーでエラーが発生する

  • インストール時のユーザと同一ユーザでインストーラー起動をしているかを確認ください。
  • Tomcatが停止していることを確認ください。

「設定ファイルのデータベースの指定に誤りがあります」と表示される

  • 入力したデータベースユーザ、データベーススキーマが存在するか確認してください。
  • 入力したデータベースパスワード、データベースホスト名が正しいか確認してください。
  • 入力したデータベースポート番号が正しいか確認してください。
  • 入力したデータベースホストに対してサーバからアクセスできるか確認してください。
  • PostgreSQL起動時に-iオプションが付与されているか確認してください。
  • PostgreSQLのpg_hba.confファイルに自サーバへアクセスできるよう設定されているか確認ください。

目次に戻る

7.BizMagic起動確認

BizMagic4.0Internet Explorer11FirefoxGoogle Chromeでご利用いただけます。

  1. ブラウザからBizMagicへ接続します。
  2. BizMagic[ENTER]画面が表示されます。[ENTER]クリックします。
  3. タブ表記のBizMagicのバージョンが、今回バージョンアップしたバージョンと一致しているかご確認ください。

■NOTE
Tomcat起動後、BizMagicに接続できるまでの時間はお使いの環境により異なります。5分以上待ってもBizMagicに接続できない場合や、ログイン出来ないなどの問題がある場合は、弊社までご連絡ください。

目次に戻る

8.BizMagic簡易バックアップ確認

今回のバージョンアップでPostgreSQLやTomcatを新たにインストールした場合は、BizMagic簡易バックアップファイル[backup.sh]の記述を変更する必要があります。また、今までバックアップ設定をされていなかったお客様は、BizMagicインストールプログラム内のファイルを使用して設定をお願いいたします。

BizMagic簡易バックアップファイル

BizMagicインストールプログラム内 Linux/backup

  • backup.sh
  • env.sh(データベース、コンテキスト名等の情報を記述するファイルです。こちらの入力内容をご利用環境と一致させてください)
  • rotator.jar

目次に戻る