本手順書はBizMagic 見積オプションで使用する、見積テンプレートファイルの作成手順について記載したものです。

見積テンプレートファイルの作成には多少の技術を要します。本手順書でのご理解が難しい場合は、弊社で有償にて作成を代行させていただきます。
また、作成についての研修メニュー(BizMagicシステム管理者研修B:2時間5名様まで)もご用意しております。詳細はお問い合わせください。

目次

見積テンプレート サンプルファイルのダウンロード

BizMagic見積オプションで利用する、テンプレートファイルのサンプルは こちらからダウンロードできます。

サンプルファイルの構成

見積テンプレートサンプルファイルは、2シートで構成されています。

サンプルシート

見積書へ、見積オプションのキーワードを配置するシートです。

テンプレート設定シート

見積書の1ページの範囲、鏡部分、明細部分や、印鑑の押印位置などを指定するシートです。

目次へ

テンプレートファイルの編集

現在、貴社でご利用中の見積書ファイルを、テンプレートファイルとして利用できます。テンプレートの拡張子は.xlsx となります。

  1. テンプレートファイルに、サンプルファイルの[設定シート]をコピーします。
    各シートの並び順は、一番左が[出力テンプレート]、左から2番目が[テンプレート設定]となります。並び順が異なった場合、テンプレートとして認識されません。また、シート名は変更して構いません。
  2. 出力テンプレートシートへキーワードを入力します。キーワードは {{ }} で囲んで記述します。各キーワードは[キーワード一覧]を参照ください。
  3. テンプレート設定シートを入力、設定します。
  4. 印鑑押印に関する設定を行います。印鑑は5つまで押印可能です。押印位置は座標で、印鑑の横幅は数値で指定します。[印鑑種別]では印鑑が押印される社員について指定します。

  5. 入力が完了したら、xlsx形式で保存します。BizMagicへのテンプレート登録手順は こちら をご参照ください。

目次へ

見積テンプレートで使用できるフォント

見積オプションで出力可能なフォントはBizMagicインストールサーバに存在するフォントとなります。クラウドサービスとオンプレミスの場合、使用できるフォントが異なりますので、以下をご確認ください。

BizMagicクラウドサービスご利用の場合

BizMagicクラウドサービスの場合、見積オプションで使用できるフォントに制限があります。見積テンプレートファイルを作成する際には、以下で指定するフォントをお使いください。

見積テンプレートファイルで使用できるフォント

  • IPA明朝
  • IPAゴシック

*下記よりフォントがダウンロードできます。
IPAフォント Ver.003.03
下記の2ファイルをダウンロードしてご利用ください。

 

BizMagicオンプレミス版ご利用の場合

オンプレミス版の場合は、BizMagicインストールサーバに存在するフォントが見積オプションで出力可能です。

クライアントPCに存在し、BizMagicインストールサーバに存在しないフォントを使用した場合、出力されるフォントはインストールサーバに存在するフォントと置き換えられますのでご注意ください。

目次へ

テンプレートファイル 色と塗りつぶし色の設定

  1. 見積テンプレートファイルで「フォントの色」と「塗りつぶしの色」を設定する場合は、[テーマの色][標準の色]から選択せずに[その他の色]をクリックしてください。
  2. [標準]タブ、もしくは[ユーザー設定]タブから色を選択して[OK]をクリックしてください。

目次へ