従来のSFA(営業支援システム)の悩み

SFA(営業支援システム)は営業成果を上げたり、営業効率を改善するために導入しますが、いざ導入してみると想定していなかった悩みや問題を抱えてしまうことがあります。
実際にSFAを導入したことで発生した事例と、それに対するBizMagicでの解決策についてご案内します。

従来のSFA(営業支援システム)の悩み

 複雑で使いこなせない!

 高額なシステムに対する費用対効果が得られない!

 管理者視点が強調されていて、現場が気軽に使えない!

複雑で使いこなせない!

システムの運用定着に向け、最初の障害となるのが現場担当者の情報入力の不徹底です。
営業支援システムは情報を蓄積してから効果を発揮することが多いので、導入当初は入力に対するメリットを感じることがなかなか出来ません。
そのため複雑な情報登録方法では、現場担当者は入力に対する煩わしさを感じてしまうため、入力が滞る要因となってしまいます。

BizMagicなら日々の記録を行う画面を「接点記録」画面だけで完結することが可能です。
また、必要な機能だけを選んで導入できるので、日常の入力もよりシンプルに行っていただけます。

BizMagic関連コンテンツ 接点記録

 高額なシステムに対する費用対効果が得られない!

他システムから入替を検討される企業様のお話を伺った際に、「高額なシステムを導入したが、機能の一部しか使っていないため、費用対効果をなかなか得られない」という話を聞くことがあります。
一般的に、SFA(営業支援システム)は多機能をオールインワンで提供しているソフトウェアが多く導入費用が高額になってしまうことがあります。導入企業に必要のない機能まであらかじめ搭載されていることが多いため利用しない機能がたくさんあり、導入時にかけたコストを基に費用対効果を考えた際にあまり費用対効果が出ていないのではないか?と感じる企業様が多いようです。

BizMagicならベースライセンスは顧客管理機能のみ。案件管理や納入製品管理、クレーム管理など、一般的なSFAに搭載している機能は全てオプション化したので、必要無い機能に対する無駄なコストを抑えることが可能です。
ベースライセンスさえあれば、他のオプションのライセンス数の組み合わせも自由ですので、全社で顧客管理機能を利用し「営業部門にだけ案件管理機能を追加」「ユーザーサポート部門にだけクレーム管理機能を追加」など、必要な人に必要な機能を追加することが可能です。

BizMagic関連コンテンツ  機能一覧    オプション

管理者視点が強調されていて、現場が気軽に使えない!

SFAは入力された情報を活かして、営業活動上のヌケモレをなくすことで、営業成果に繋げることが可能になっているシステムが多いですが、その表現が「警告」や「アラート」となっており、まるで自分が管理されているような、管理者視点のネガティブなイメージの機能として受け取られる事態もしばしば見受けられます。

BizMagicでは、営業活動上のヌケモレをなくす仕掛けを「気付かせ機能」という表現で利用していただいています。
気付かせ機能の条件設定も共通の設定だけはでなく、現場担当者個々人が独自に自分専用の通知の設定をすることも可能なため、管理者から一方的にアラートを出すだけでなく自分自身をアシストする機能として、ポジティブな気持ちで気づきを得ることが可能です。

BizMagic関連コンテンツ  気付かせ機能

料金や機能詳細について、また御社へ導入する場合の具体的なプランについては、 弊社までお気軽にご連絡ください。無料体験もご用意しています。